痛み誰がどう慰めてくれようと、私の心は痛みでいっぱいでした。
彼との別れは何となく予想は出来ていました。
マメだった彼がそうでは無くなって来ていたことも分かっていましたし
一緒に居ても、どこか上の空だったことも気がついていました。

それでも何も言わなかったのは、どんな状況だろうと彼と一緒に居たかったからです。
しかし、別れのときはやってきました。
彼が別れを切り出したのです。
「どうして?」とありきたりな質問をしました。
そして理由をハッキリと語る彼。
悲しくて辛くて・・・でも受け止めなければならない現実がそこにはありました。

別れてからはずっと泣いてばかりいました。
職場の人にも「顔が違う」なんて言われたりもしていました(苦笑)

泣きはしなくなったけれど、新しい出会いも特に求めないまま1年半が過ぎた頃
ある出会いがありました。
その男性は少し照れ屋で人見知りではありましたが、優しさは十分に感じることが出来ました。
「彼となら話が出来そう」だと失恋して以来初めて思える人でした。

と、同時にあの時感じた痛みは優しさに変換できるような気がしたんです。
よく「痛みを知っているから優しくなれる」なんていわれますが、それを実体験したのです。
彼とはその後、1年ほどはお友達として関わり合いお付き合いをすることとなりました。